米AppleのHomePodとAmazon エコー、覇権をとるのはどちらか。“スマートスピーカー”の分布図。

 

sa-2
こんにちは。

sa-2(@sa2fdi)と申します。

 

自己紹介はこちらから。

 

2017年6月、米アップルは音声認識機能付きのスマートスピーカーを発表して市場を沸かせました。先に発売していたamazonエコーの対抗馬として注目されています。俄かに訪れた音声認識時代の現状を把握したいと思います。

 

 

スマートスピーカーとは

 

スマートスピーカーとは、音声認識機能を備えたIoT機器です。スマートスピーカーに話しかけることでネットに繋がり、そこから事前に接続済みの、家中の端末を操作するような使い方ができます。

IoTに音声入力を導入することで、どこにいようが手が塞がっていようが、細かな指示を与えて自在に操るという夢のような生活を実現することができます。

カーテンや照明、鍵、テレビ、監視カメラなど考えうる全ての装置を一声で動かす未来が待っているのです。

 

この、入口から音声入力にするというのは全てのデバイスにとって革命的でありながら、最も技術的ハードルの高い部分でもありました。

時代がようやく追いついた、ともいえるスマートスピーカー社会の到来。主要企業ごとに現状を見ていきたいと思います。

 

 

 

音声認識とSiriの歴史/米アップルのホームポッド(HomePod)

 

iPhoneのSiriはみなさんご存知かと思います。数年前は誤認識も多く何とか使えるというレベルでしたが、現在はAIの発達により会話するように滑らかな使い方ができるようになりました。

ディープラーニングの発達により、大量の音声データからパターン抽出を繰り返し、飛躍的に音声認識能力が向上したのです。(関連記事:“AIは一体誰が生み出したのか?”―仕組みと起源から考えるブレイクスルー―

 

一般消費者目線では、SiriはiPhoneの一機能でしかないかもしれません。しかしSiriの誕生には人類の挑戦の歴史が隠されています。Siriは元々、アメリカの研究機関によってスタートした、戦場の“人工指揮官”を目指す開発プロジェクトの一環としてスタートしています。

この人工知能研究プロジェクトは過去最大規模であり、人類の未来を先どりするために世界中の投資家と研究者が一堂に会したと言われています。

このプロジェクトの派生から、Siriが誕生することとなったのです。

 

こうして名だたる研究者の威信をかけて作り上げられたSiriは、アップルがSiri社を買収したことによって、アップル製品として再スタートを切ることになります。

 

2011年に初めてiPhoneに搭載されたSiriは、革新的なコンセプトから注目を集めましたが、現在に比べると全く使い物にならないレベルの音声入力でした。しかしSiriは最もAIらしい方法であっと言う間に成長を遂げました。

 

iPhoneは世界で最も売れているスマホです。そのiPhoneに搭載されることで、Siriは世界で一番音声入力されるインターフェースとなったのです。

大量のユーザーに利用してもらうことによってフィードバックを重ね、Siriは今や人間との会話を錯覚させるほどスムーズな受け答えができるようになりました。

 

米アップルは、Siriの成長を見越して次のステップを準備していました。発表されたのは、Siriが搭載されたスマートスピーカー・ホームポッドです。

 

ホームポッドはスピーカーの機能はもちろんのこと、音声入力によって家中が繋がるスマートホームへのポータルとして使用できることがポイントとなっています。

アップルという巨大企業が参戦したことによりスマートスピーカー市場自体の活性も加速されていくことが予想されます。

スマホを世界の常識にしたアップルが、スマートスピーカーを牽引するのか。一足早く発売されたAmazonエコーの対抗馬として注目されています。

 

 

Amazonエコーと、アップルにはない戦略

 

Amazonエコーは音声認識機能AI:Alexa(アップルでいうSiriに代わるもの)を搭載するスマートスピーカーです。2014年から実験的に発売が始まり、2016年にはアメリカで大ヒットし供給が追い付かない事態となっています。

アップルは自社製品にiPhoneという最強のプラットフォームを持っており、その中で囲い込むようにSiriを育ててホームポッドの開発に至りました。

アップルのiPhoneのように強いプラットフォームを持っていないAmazonの策は次のようなものでした。

 

Alexaをあらゆる媒体に提供すること。スマートスピーカーの、IoTデバイスとしての最大のメリットである、「あらゆるものに繋がる」状態に少しでも近づけるための策です。

あらゆるサードパーティーに使用してもらうためにAlexaの開放を徹底的に行い、Alexaを利用するためのコンテンツ作りの場を整えたのです。

 

もともと、Amazonの本業であるネットショッピングも同じ戦略で広がったと言えます。「知名度がなくともAmazonが高い評価を出せば、信用して買っていい」という状態を作り出すことによって、Amazonはネットショッピングで独走してきたのです。

今度はAlexaを開放することで、Amazonエコーがあらゆる機器と繋がるステージを作り出したのです。

すでに700社以上がAlexa仕様の製品を発表しています。Alexaがこのまま広がれば、家の中を全て音声入力で動かすスマートホームがあっと言う間に実現することでしょう。

 

まとめ

 

アップルがiPhoneを基盤にして、スマートスピーカーでも覇権をとるのか。それともAmazonが次の時代のiPhoneとも呼べるような最強のプラットフォームを作り出すのか。音声認識が起こす革命に、今後も目が離せません。

 

23歳の筆者が今、一番伝えたいこと。

仮想通貨を自分の中でどう整理つけるか、答えを出せていない人は是非読んでください。

資産運用と経済の観点から、仮想通貨について考えています。