“ガス自由化”は、東京ガスが握りつぶす。―エネルギー戦国時代に戦なし―

 

sa-2
こんにちは。

sa-2(@sa2fdi)と申します。

 

自己紹介はこちらから。

 

2017年4月よりスタートしたガス小売りの自由化。一般客が都市ガス会社を地域関係なく選べるようになりました。この改革によって、エネルギー業界の勢力図がどう変化していくのか。はたまた、変化しないのか。都市ガス最大手・東京ガスの動きに注目したいと思います。

 

ガス自由化とは?

 

ガス自由化とは

ガス自由化とは、一般家庭客が自由に都市ガス会社を選べるようになることです。

今まで一般家庭は、エリアの都市ガス会社と契約することが決まっており、自由に会社を選ぶことはできませんでした。(LPガスに関してはこれまでも自由に会社を選べました。)

ガス自由化によって、様々な会社が都市ガス事業に参入し、料金改定やサービスの多様化などが期待されています。

 

 ガス自由化の一番の目的は、競争を発生させることです。これまで都市ガスは、地域独占と総括原価方式による価格決定により、競争のない無風の楽園を過ごしてきました。

 

総括原価方式とは

供給にかかる全てのコスト(調達費・人件費など、サービス提供にいたるまでにかかる費用)に、一定の報酬分を上乗せして価格を決定する方式のことです。電気・水道・ガスなどの公共性の高いインフラサービスに対して採用されます。事業者にとって原価の変動が大きなリスクとならず、安定した供給が可能になります。

 

 

厄介なのは、この総括原価方式です。価格を決定する際に用いる原価のなかに、広告費や福利厚生などが含まれているのです。

要は、CMを垂れ流そうが社員に必要以上に高級な社宅を用意しようが、全てはガス料金に転嫁されていくのです。

ガス会社にとっては、上乗せされた総括原価に一定の利益分が加わるため、商品が売れさえすれば問題ありません。

そして、一般家庭は必要以上に高値となっているガスを、地域のガス会社から一方的に売りつけられるという方程式が出来上がっていたのです。

もっと言うと、原価の算出に関しても怪しい部分はあります。そもそもビジネスの情報を握っているのはガス会社です。情報の非対称性がある以上、公正な原価算出ができていたかは疑問が残ります。

 

都市ガスのこうした利権を、ガス自由化による競争原理の導入が防ぐことになる。

ガス自由化はこれまで、このような文脈で語られていました。

実際のところ、自由化以前の東京ガスに対するメディアの意見は以下のようなものがほとんどでした。

 

 ―奪われた楽園、財務状況の悪化は必至、価格適正化による利益減少―

 

 自由化以降の現状はどうなっているのでしょうか。

ふたを開けると、東京ガスは変わらず王者の椅子にふんぞり返っているようです。

 

 

東京ガスによる首都圏独占/新規参入封じ込め

 

産業界の期待を裏切ったガス自由化。最もわかりやすいのは参入小売り事業者の数です。

経産省資源エネルギー庁に登録の届け出を出した事業者の数は、2016年3月時点でたったの45でした。

比較される電力自由化における参入事業者の登録数は、およそ390社ほど。

もちろん単純な比較はできませんが、特別ガスのほうがビジネス上の参入障壁が高くなるとは見られてはいませんでした。

ということは、ガス自由化自体に何か構造上の問題があるということになりそうです。

 

ガス自由化は政府主導のもとスタートしました。根幹となる事業制度に関しても、主担当としては経済産業省の資源エネルギー庁となります。

ところが、実際に事業制度設計の議論を主導したのは東京ガスでした。

もともと東京ガス1強の状態が歴史として積みあがっている業界です。

総括原価方式のところでも述べましたが、情報の非対称性が根底にあるのです。

そんな業界に関するルールを、第三者が「公平に」作り上げるというのは初めから無理な話でした。圧倒的権力を持つ東京ガスに頼らざるを得なかったのです。

そして、東京ガスが東京ガスのために新たなルール作りをするような状況が生まれてしまったのです。

 

こうして東京ガスは、資源エネ庁がもともと構想していた自由取引市場を、いとも簡単に潰してしまったのです。

日本において都市ガスの原料となるLNGやLPGは、輸入に頼り切りです。原料調達までに整えなければならない膨大なインフラが、新規事業者の大きな壁となっているのです。

誰でも自由に原料を調達できる市場が整う前にスタートしてしまったガス自由化。

参入するには、既存の都市ガスか、もしくは元々の事業でガスを使用している電力会社の協力を仰ぐしかないという歪な事態になっています。

 

自由化とは最もかけ離れてしまった”ガスの自由化”は、明らかに政府主導の失敗と言わざるを得ません。ちょっとしたハードルを軽々飛び越えた東京ガスは、より一層盤石の地位を築いていくことになりそうです。

 

23歳の筆者が今、一番伝えたいこと。

仮想通貨を自分の中でどう整理つけるか、答えを出せていない人は是非読んでください。

資産運用と経済の観点から、仮想通貨について考えています。