貸借対照表/BS ―知りませんでは済まない「資金の流れ」について―

 

sa-2
こんにちは。

sa2(@sa2fdi)と申します。

真面目な記事を挙げていますが、実は最近Youtuberになりました。笑

借金して仮想通貨を買った僕が、Youtuberになったワケ

是非一度ご覧ください。

自己紹介はこちらから。

 

貸借対照表/BS(Balance Sheet)は、会社の資産を表す財務諸表です。

財務三表(PL、BS、CS)の1つとして数えられ、活用することで企業情報を効率良く得ることができます。

 

まずは財務三表について、こちらからどうぞ。

 

 

BSは「資金の流れ」を表す

 

BSは、非常に単純な構造をしています。

決算日時点における、企業の資産の状態を表している計算書です。

しかし、仕訳やら専門用語やらを駆使して説明されるため、多くの人にとってとっつきにくい代物となってしまっています。

個人的には、学生のうちには知っておくべきものだし、実際に概要を理解するにはそのレベルのものだと思います。

現状を見ると全くそうはなっていなく、ほとんどの人が社会にでてから初めて向き合うものとなっているのです。

 

BSの全体像は次のようになっています。

 

出典:ITコスト評価サービスのご案内

 

右側は、資金を集めた手段を表しています。

左側は、会社が持つ資産の全てです。

右側で「集めた資金」を、どのように使ったかが左側に表れていると考えれば分かりやすいです。

現金と、現金から資産に替えた分が左側に順番に並んでいるのです。

当然、右と左は形を変えているだけなので、それぞれの合計額は一致します。

この原則さえ押さえれば、あとはどこに何が記載されるのかを把握するだけです。

細かい内訳を示している、実際の表はこちらです。

出典:(有)エムエスソフトセンター

BSの右側について

 

✔負債の部

BSの右上には企業の負債が記載されています。

要は借金です。

他人から融資を受けて、利息を支払いながら使用している資金が並んでいます。

「他人資本」であるため、いつかは返却期限がおとずれて手元からなくなるものです。

 

純資産の部

BSの右下には、企業由来の資本である「自己資本」が記載されています。

株主からの出資金である資本金がベースとなります。

そこに、PLで当期純利益として記載される、会社が1年間で稼いだ額が「利益剰余金」として自己資本に追加される形となります。

自己資本は他人資本とは違い、返す必要のない資本となります。

 

融資と出資の違い

企業が資金調達する方法は融資・出資の2つに大別されます。

「融資を受ける」とは、銀行などの金融機関からおカネを借りることです。

対して「出資を受ける」とは、株式を発行して投資家に株を買ってもらうことです。

投資家は購入した株数に応じて企業の経営権を持つことになります。

融資との違いは、お金を返却する義務がないというところです。

投資家にとっては株が必要なくなって至近に戻したくても企業に返すという選択肢はありません。

第三者である別の投資家に売却することによってそのときの株価に応じた金額を取り戻すこととなります。

企業にとっては出資を増やすということは安全資産を増やすことであり、財務基盤の強化に繋がります。

また、融資と出資の他に資金調達する手段として、社債があります。

企業は社債を発行することで、金融機関からではなく直接投資家から資金を集めることができます。

社債は株式と違って返却義務のある債券なので、投資家にとってはより安全に企業に投資することができます。

社債は負債としてBSに記載されます。

 

 

BSの左側について

BSの左側には、企業が所有している資産が記載されています。

現金、有価証券、建造物、ソフトウェアなどです。

ビジネスで稼いだ現金、ビジネスをするために必要となる工場や土地など、全てが右側で集めた資金がもとになっています。

左側は、企業の投資先の一覧とも言えます。

例えば巨大な工場が必要となる重厚長大産業の企業のBSには、建造物や機械装置の金額が割合として大きくなっているはずです。

左側を見れば、企業が何にお金をかけていて、どのようなビジネスをしているかが見えてくるのです。

 

 

BSの読み方

 

BSにはいくつかのチェックポイントがあります。

まずは、負債の割合を正しく保っているかどうかです。

負債の割合は高すぎても低すぎても問題があります。

まず負債の割合が高すぎる場合。これは当たり前ですが、返却義務のある他人資本が多すぎると、財務が不安定であるとみなされてしまいます。

次に負債の割合が低すぎる場合。一見、財務上健全に見えますが、良いことばかりではありません。

株式会社の目的は、利益を追求することです。

そして利益の中から一部を株主に還元することで、出資するべき価値のある企業であることを示します。

利益を追い求めるには、規模の拡大も重要な要素となります。

そこで自己資本だけでなく、適切に負債を活用して企業活動の規模を広げ、積極的な経営をすることが求められるのです。

負債の割合については、D/Eレシオという指標が用いられます。

負債(Debt)の、株主資本(Equity)に対する割合です。

業種などにもよりますが、負債が株主資本の1倍を若干下回る程度が、財務的に安定していると言われる値です。

 

以下の記事で紹介したソフトバンクは、負債を活用した超積極的な投資活動をしていることで有名です。

 

 

PLで見ると利益は爆発的に伸びていますが、BSを見ると様相は一変します。

負債の割合・絶対額が増え続け財務上の安全性に乏しいことがうかがえます。

彼らは負債を増やすことは厭わず、少しでも儲かるところにはどんどん投資してビジネスを広げていきます。

このような戦略を、「BSを拡大する」などどと呼びます。

借金を増やしてでも事業を拡げて利益の絶対額を追い求めると、バランスシートはそれに応じ膨らんでいくのです。

これに対して効率性を求めて、儲からない事業には手を出さない、または撤退していき、利益率を求める戦略を「BSを圧縮する」などと表現します。

このようにBSの内容を見ればその企業の経営戦略なども垣間見ることができるのです。

 

 

次にチェックするべきポイントは、資産の内訳です。

業界ごとに特徴がみられるので、それぞれのスタンダードを事前に知っておくことによって適切に企業の財務分析をすることができるようになります。

例えば、サービス業は、サービスを提供するための施設や売り場などの固定資産を多く持ちます。また、一般消費者が個人であることから支払はキャッシュの場合が多く、現金預金の残高が豊富にある場合が多いです。

IT業界は、情報やアプリケーションソフトなどを商品として扱います。そのため、大掛かりな初期投資が不要な場合が他の業界と比べて多いです。

大規模な固定資産(建造物や機械装置など)が少ないことが特徴の一つとして言えます。

このように、多種多様な業界ごとの特徴も、BSを並べてみることで発見できる共通点があります。

BSのリテラシ―をつけることが、多くの人にとって重要となることがお分かりいただけましたでしょうか。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です