初心者でも絶対にわかる“スマートコントラクトの実用例 Ethereum(イーサリアム)とGMOのZ.com”

 

sa-2
こんにちは。

sa-2(@sa2fdi)と申します。

 

自己紹介はこちらから。

 

 

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)には、メインの機能としてスマートコントラクトというものがあります。

2018年、本格的に企業が参画し始めると予想されるこの分野の基礎を先取りしましょう。

 

そもそもブロックチェーンの本質とは、ある事象について「これは正しいものである」と、中央集権機関の認証無しに証明することができるというものです。

ブロックチェーンの定義と仕組みについては以下の記事からどうぞ。

 

 

要は、今までは政府・警察・中央銀行・企業などが最終的に正しいものを確定させていました。

それをこれからはネットワークの参加者が分担して承認することで、大きな組織に頼ることなく、取引の信頼性を保つことができるようになったのです。

ビットコインはこれを「通貨の送金」に利用しました。

あるIDからあるIDへの残高の移動をブロックチェーンに記録したのです。

イーサリアムは、さらにブロックチェーンの応用を広げました。

証明するものは、「契約」です。

契約内容をコンピュータが判別できる形でチェーンに記述し、自動で処理をさせることを「スマートコントラクト」と呼びます。

 

 

 

スマートコントラクトとは、“自動販売機”のことである。

 

スマートコントラクトとは、自動販売機をイメージしてもらえれば良いかと思います。

自動販売機の手順と言えば、お金を投入し、欲しい商品のボタンを押し、商品を受け取る。

なぜこれが可能かと言えば、「先に必要額を投入して商品のボタンを押すことで、その場で商品を受け取れる」という契約の定義を、誰もが事前に理解しているからです。

このように、ある契約行為(事前に合意がなされている)を、第三者の介在なしに自動で履行することをスマートコントラクトと呼びます。

例えばコンビニでジュースを買えば店員を介した通常の契約履行となりますが、仮に無人レジにて支払いを済ませれば、それはスマートコントラクトと言えます。

 

ブロックチェーン上でのスマートコントラクトは、次のように定義することができます。

「チェーン上に改ざん不可能な契約が記録されており、そこに書かれた条件を満たすと自動でトランザクションが敢行される仕組み」

第三者が介在する必要がないことはもちろん、自動販売機のような機械に頼らずとも、ブロックチェーン上に契約を残すことで完全にネット上で完結させることができるのです。

 

 

スマートコントラクトの実用例:楽曲著作権管理

 

ここからは、全てブロックチェーン上のスマートコントラクトについて言及しています。

スマートコントラクトを実ビジネスに応用するのは、非常に利益のあることです。

考えられる応用範囲は多岐にわたります。

例えば、2018年1月にスマートコントラクト事業への参入を表明したDMM.comは、プレスリリースで以下のように語っています。

———————————————————————————————————–

■スマートコントラクトに最適化されたプロダクト

ブロックチェーンの可能性は広がり続けており、以下の分野での連携を想定しています。

民泊、デジタルコンテンツ、クリエイター、投げ銭、シェアリング、メディア、行政、物流、ゲーム、株式、超少額決済、レンディング、IoT、アグリテック、保険、教育、フェアトレード、国際送金などをキーワードに順次検討を開始しています。

 

参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002819.000002581.html

———————————————————————————————————–

ブロックチェーンとの相性はあると思いますが、共通するのは「中間業者」が存在することです。

スマートコントラクトをチェーン上に残すことで最大のメリットとなるのは、仲介を必要としないため、その契約にかかるコストが格段に安くなることです。

 

 

大きな利権が絡む業界は、もれなくスマートコントラクトをインフラに取り入れるべきでしょう。

1つの好例が、音楽業界です。

日本はほぼすべての楽曲を、著作権管理団体のJASRACに管理を委託しています。

JASRACは全ての楽曲の再生数のカウントや違法アップロードの取り締まりをしています。

そして楽曲使用料の配分もJASRACの管理下であり、それが適切になされているかは本来の著作権者であるアーティストに対しても不透明であるという現状が何年も続いてきました。

CDを売っても、ダウンロード販売をしても、ほとんどの場合アーティストの手元に残るのは1,2%程度なのです。

時代にそぐわない中間業者の存在で、日本の音楽業界は低迷を続けています。

一方で、スウェーデンの音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポーティファイ)」は、テクノロジーで現状を打破しようとしています。

スウェーデンは日本同様、楽曲の著作権管理に苦しみ、特に違法ダウンロードが業界を不健全なものにしていました。

そこでスポーティファイは音楽産業の透明性を高めるため、ブロックチェーン企業の買収を決めました。

仕組みは、スマートコントラクトを利用することによって、楽曲の購入や再生数をブロックチェーン上で管理し、楽曲と紐づけられた著作権者に直接使用料が振り込まれるというものです。

これらは誰もが自由に見ることができる上、自動で実行されるため、著作権管理そのものが不要になるのです。

これは音楽だけに留まらず、すべてのネット上のコンテンツに応用が利くものです。

画像、動画、テキストなどあらゆるものの著作権はブロックチェーン上で守られ、スマートコントラクトによってクリエイターに直接収益が届くようになるのかもしれません。

 

 

 

イーサリアムとZ.com

(この記事は以下のサイトを参照しております。)https://cloud.z.com/jp/products/blockchain/

スマートコントラクトはネット上のコンテンツだけでなく、あらゆるものに応用が可能です。

今現在、イーサリアムを利用した企業サービスの中で、最もユーザーフレンドリーにロードマップを出しているものを紹介します。

それは、GMOグループの「Z.com Cloud ブロックチェーン」です。

2018年1月に正式にサービスが開始されました。

Z.comのブロックチェーンは、セミパブリックチェーンであると謳われています。

基本的にノードは誰でも立てることができ、自由にチェーン上にコントラクトを展開したり、チェーン上のアプリを利用することができます。

何が「セミ」であるかというと、マイニング可能なノードが限定されているとのことです。

マイニングノードを限定することによって、以下の特徴を持つようになります。

・マイニング処理の高速化

・マイニング報酬のコントロール化(安定した手数料)

そして、広く使われるサービスにするために、次の革新的な取り組みがなされています。

 

・法定通貨を窓口とした仮想通貨サービスの利用

イーサリアムのスマートコントラクトを利用するには、通常仮想通貨ETHで支払いをする必要があります。

このETH払いをZ.comが代行し、利用者は日本円の支払いをするだけでサービスを利用できるのです。

まだまだ仮想通貨を日常的に使う社会ではない中で、この取り組みは非常に画期的であり、サービスとして最適解だと思います。

利用者は、自分が使うサービスが仮想通貨・ブロックチェーンであるということを意識することもなく使えるのです。

数年後には、誰もが当たり前に仮想通貨・ブロックチェーンを利用し、それらが社会基盤となる未来が来ることを実感させてくれる取り組みではないでしょうか。

 

 

さて、実際にイーサリアムを使ったZ.comのサービスを紹介します。

 

 

Z.comが展開するスマートコントラクトサービス

 

・キーレス宅配ボックス

宅配ボックスへの配達、利用者の受け取りなどの一連の流れを全てブロックチェーン上に管理し、スマートコントラクトによって施錠・開錠までを自動で行えるサービスです。

これにより、書留郵便などの本人認証や再配達などで発生するコストを軽減することができます。

 

・転売抑止チケット

チケット購入者は、ブロックチェーン上のアドレスに電子入場券が付与されます。

この入場券は、購入者のスマホなどの端末に生成されるシークレットキーによって、その価値が証明されます。

この秘密鍵はその端末のみでしか使えず、コピーも困難な領域に保存されるため、実質転売が不可能になります。

仮に非正規にコピーされた場合、その鍵に紐づく入場券の状態は「入場済み」となる仕組みが施されるようです。

 

 

・KYC(Know Your Customer)

多様なサービスを利用する上で煩わしい本人確認作業の手間をなくすシステムです。

ブロックチェーンに暗号化された個人情報を記録することで、安全かつ低コストで本人確認を可能にします。

一度記録された個人情報の暗号は、シークレットキーさえあればいつでも使用可能であり、あらゆるシーンで本人確認の手間を最小限にすることができます。

 

 

この他にも、医療カルテの管理や店頭決済、地域限定トークンの発行・運用など様々なオープンソースプロダクトが動き始めています。

これらに共通することは、「信用」や「第三者への委託」に基づいていたサービスが、スマートコントラクトによって多くの部分を管理不要にするという点です。

もちろん完全なパブリックサービスではないものの、よりシンプルな経済活動を可能にしています。

ブロックチェーンによって達成される「トラストレスな社会」は、2018年が元年となるのかもしれません。

 

 

24歳の筆者が今、一番伝えたいこと。

仮想通貨を自分の中でどう整理つけるか、答えを出せていない人は是非読んでください。

資産運用と経済の観点から、仮想通貨について考えています。

 

 

イーサリアムの購入に関しては、日本大手のビットフライヤーがおすすめです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

 

 

仮想通貨初心者が読むべきおすすめ書籍はこちら。

「アフタービットコイン」

日銀出身の中島氏が、ビットコイン後の仮想通貨界について考察を述べています。

関連:「アフタービットコイン」著者の中島氏がブロックチェーン講演で語ったこと 

 

 

あわせて読んでおきたいのが「お金2.0」。

資本主義から価値主義への移行というテーマを自分の中に持つことで、仮想通貨投資へのぶれない軸が出来上がるはずです。

20代のうちに絶対読んでおきたい書籍の一つです。